むくの木 登山

登山隊が 三瓶山を 登りました

私 隊長に 任命され

初めての 登山隊 参加です

しかし

途中で 体が動かなくなり

あえなく リタイヤ ・・・

なんと なさけない

足が上がらない! なんて

晩は キャンプ場のケビンに お泊まりです

あさ 気持ちのいい朝

20170528_taniutsugi

キャンプ場の入り口に タニウツギ


20170528_okinagusa

そして オキナグサ

普段 見たことない 花

いい季節です 三瓶山

| | Comments (0) | TrackBack (0)

COSMOS が きた~!

20151010_cosmos_cd1


COSMOS keyboads trio "夢想都市" がとどいた!

長年探していたアルバムでした。

患者会の活動報告のパワポBGMとして、ぜひ使いたかった曲。

1980年代の名盤です。
廃盤になっているため、COSMOSの楽曲は、もう聞けないとあきらめかけていました。

ところが、さすがアマゾンさんですね。
You Tubeで検索したら画像とともに曲がアップされていたので、
試しに、アマゾンさんで検索してみたら、
なんと、復刻版なるものを販売しているじゃないですか。

すぐに、注文。
昨日とどきました。

ジャケットも、当時のまま。
なんと、CDがレコード盤になってるなんて。

20151010_cosmos_cd2

送料込みで、代引きの3200円を切り、とても満足です。

奏者はアイドルっぽい女子3人組。
このギャップがまた、いい。

懐かしがってばかりはいられない。
さっそく、BGMを選定。

もちろん、"Venus" と "Keep on Smiling" ですよね。

流してみると、おお・・・・ 完璧だ。
これで、良い報告が出来る。

島根県立中央病院では、
今年8月11日に、造血幹細胞移植症例が500例に達し、
それを記念して、11月に式典を開催します。

同日、患者会では祝賀の催しを計画しています。
いい会になりそうな予感がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

樹齢1000年の むくの木

20150925_muku_taisya


出雲に
こんなむくの木があるなんて。

私たちの会の愛称「むくの木」

身近に、本物がありました。

出雲大社の東側、
境外摂社にある 命主社(いのちぬしのやしろ)の御神木です。

大きすぎて、全容がなかなか写せません。


近くで見ると、その幹は

 美しく
 たくましく
 古びていて

 いいです。

20150925_muku

必見です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

むくの木イベント つかれた~

20110903_mukunoki_sinji_bolley


このひと月は、すごく忙しかった。
わが「むくの木」の2011夏イベントの準備に走り回っていました。
といっても、あらかた買い物は済ませてました。

今年は、松江市宍道ふるさと森林公園で野外リクレーションとバーベキュー大会です。
野外ではソフトバレーボールで汗を流しました。
バレーボールは老若男女だれでも遊べるスポーツ。
ソフトバレーボールなので、間違って顔に当たっても痛くはない・・・はずだったのに。
当日は好天に恵まれ、めちゃくちゃ暑かったよ~~!

ここにくるまでは、毎月幹事の打ち合わせをしています。
年々動ける幹事が減ってきて、準備がなかなか心許ない。
でも、私が全部出来るわけもなく、医師や新米幹事のお世話にならなくてはいけません。
新米幹事は入院中で点滴ぶらさげて打ち合わせに来たりして、ホントに大丈夫ってかんじでしたね。

さて、前日。
打ち合わせを現実にすべく、ソフトバレーボール用具一式、バレーボールネットのための、支柱や飲み物用クーラーボックスを借りにいきます。ネットは手作りです。農業用フラワーネットを張り、垂木とPPロープで作ります。垂木とペグをおじさん幹事が用意するはずです。これも当日のぶっつけです。休憩用のジュースの本数なども担当の幹事任せです。なので、借りるクーラーボックスは大きいサイズ2個。私は会計なので、受付一式を準備します。もちろん参加費のおつりや領収書、名札は必須です。テントは借りるのに850円かかるとメールが入っていました。私はテント用にブルーシート3枚を用意します。5年前のイベント用に買っていた物を倉庫の奥から出しました。これらをわがオデッセイになにもかも詰め込んでおきます。

あ~!まだまだ書き足りない。手足になる幹事がほし~~~~ぃ。あっ、愚痴ってしまいました。

20110903_qjonbuta_2

すねているオダテブタです。

当日は、ほんとに良いお天気で、参加の皆さんソフトバレーボールに汗を流し、食べきれないほどの肉・野菜バーベキューを食し、大満足でした。

20110903_mukunoki_sinji_mesi


実はそのあと第3部の宿泊組によるバンガロー宴会が待っています。
それまで私はビールを我慢し、JRで来られた参加者を最寄りの駅に送迎したりして・・・。もう言うまい。

20110903_mukunoki_sinji_fukei


バンガロー宴会も夜遅くまで盛り上がり、隣でバーベキューやってる若者達と交流する我が若者部隊もおり、楽しいイベントとなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年も松山へ行きました

日本造血細胞移植学会が、松山市の愛媛県立文化会館で開催され、その最後の催しである「市民公開講座」に参加しました。

20110310_matsuyama_1

テーマは、Memorial&Survivor ship
「~あの時、こんな想いがあった。そして今を生きる~」

本田美奈子さんのメモリアル映像「生きるって、素晴らしい。」上映のほか、「命の感謝の気持ちをお手紙で」と題して、患者さん、ドナーさん、患者さんのご家族、愛媛県立中央病院の看護師さんより、手紙朗読の形で発表がありました。

ところどころで、いろんな思いが込み上げてきて、涙を抑えることが出来ません。
すばらしい企画でした。

公開講座の前には、愛媛県、広島県の患者会の皆さんと、我が島根県立中央病院骨髄移植患者会「むくの木」との情報交換会があり、 活動報告や患者会への思いを語り合いました。

私達の活動のテーマは、「楽しいことをしよう!」

これから立ち向かう患者さん、闘病中の患者さんへの心のケアをテーマとしている他県の取り組みには、感心させられます。
とても参考になりました。

アンパンマン列車

20110310_matsuyama_2


特急しおかぜ号には、アンパンマン列車があります。

岡山から松山までの3時間、これに揺られて、まさに振り子電車にゆらされて、やって来ました。

途中の駅では、可愛い~い子供達が、お母さんと一緒に、アンパンマン達に手を振っています。
車内アナウンスも、もちろんアンパンマン。

もうサイコーだぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三瓶山登山

骨髄移植患者会「むくの木」が活動している。
島根県立中央病院で骨髄移植を受けた患者の親睦会だ。
 
毎年、親睦のイベントを実施している。
今年の夏は、ぶどう狩り&焼き肉パーティーが計画されている。
そして、秋には・・・
有志による三瓶山登山の準備が進んでいる。 
 
以前なら、喜んで参加したはずだった。
しかし、この足は、移植後の筋肉の衰えを気にせず、体を鍛えてこなかったせいで、軽い山登りも苦痛になっている。
昨年の職場仲間とのキノコ狩りも、一昨年の鹿の頭数調査(仕事)も、皆に迷惑をかけそうになりながら(それほど急でもない)山道を必死に登った。
このままでは登山などできるはずもない。
 
むくの木の影の会長(Dr)は毎年登山を企画する。
そして、幹事がそれをサポートし毎年実施している。
そして、我が輩は毎年不参加を決め込んでいる。 
 
これではいけない。
今年は参加するぞ!
と、昨年も決意だけはしていた。
鍛錬の計画も練った。
しかし、三日坊主の練習で、またその年も過ぎてしまった。
 
性懲りもなく、
今年こそは参加するぞ!
と、決めた。 
メタボと言われた先日の健康診断。
ぷよぷよおなかを退治しよう。 
自分を追い込むために、ブログで発表することにした。 
・・・書きながら不安でいっぱいになってきた。 
でも、投稿ボタンを  押してしまった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

5年目おめでとう

平成12年(2000年)12月12日。
医者の気配り?
一生忘れられない、語呂合わせ。
私の移植記念日です。

5年目を迎え、最近では闘病生活の記憶が
どんどん薄れていくような気がします。
ベッドの上で書いていたメモは、物語風ではなく、
今日の薬はどんなだとか、しんどいとか、気分がいいとか。

この間の土日に、骨髄移植患者の有志でイベントを開催しました。
参加者は70余名。
海遊びをテーマにしてたけど、海が荒れていて、結局いつもの宴会中心に。
それぞれの家族の近況報告が、あのころを思い出させます。

初めは患者と医者だけだったけれど、今では、
コーディネーターやドナーの人、看護師、薬剤師、検査技師。
いろんな人たちが、同じ思いの人たちと一緒に、宴会場で話し込んだり、ゲームをしたり。
2次会は、夜中の1時まで続いてました。

これまで、4年間。毎年開催しています。
私の退院とほぼ同時に動き出した患者会。
担当医に、初代幹事に引っ張り込まれたおかげで、いつまでも新鮮な感動がよみがえってきます。

いまを、いきること。
きょうを、いきること。
積み重ね。

あらためて、5年目、おめでとう。

| | Comments (0)

こんにちは

12月12日で移植5年目が来ました。
5年間生きていたら、その先はほぼ大丈夫。といわれていたので、ひとつの区切りでした。
先日、本田美奈子さんのかなしい記事を見て、
どうして・・・。
という思いが湧きあがってきて、やりきれない日がしばらく続きました。

おやおや、投稿は、26日ぶりだ。
さあ、ひさびさにブログを書き始めようか。
いつでもできる と思っていると、続かないぞ~ っと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

むくの木

ロックミュージカル「BLEACH」 って、
あの、死に神が出てくるやつ?
我が家では、アニメは必ず録画してるし、BLEACHの新作ゲームでPS2にはまってる中高生が(。。。いや、そういう自分も結構はまって見てたりしますが)コミックを買い込んでます。
あれ. とはちがうの?
でも、ミュージカルなら、違うんだろうね。 ロックっていうくらいだし。死に神出てこないかもな。


8月20日にイベントをします。
骨髄移植を受けた患者の会を設立して2年3ヶ月がたちました。
最初は、病院の骨髄移植100例を記念して、移植同窓会を開催しようという医師からの発案で、移植経験者3人が幹事に選ばれ、それまでに移植を受けた方々の情報交換の場を作ろうと、参加を呼びかけたのがきっかけでした。
そのときに集まっていただいた方へのアンケートで、患者会の設立とイベントへの参加希望者を募集したところ、約50名の賛同があり、気持ちを新たに、患者会を立ち上げたのでした。
1回目のイベントは夏のビアガーデン。移植後の家族の悩みや経験者同士のつもる話で有意義な時間が過ごせました。会計の自分はどたばた、じたばた。汗をかきながら飲んでた記憶しか・・。
2回目は次の年、夏山でのキャンプ!は(やっぱり参加者の体調の心配もあり)無理っぽかったので、山のコテージで焼き肉パーティーを開催しました。私はそのとき、ギックリ腰で参加できなかった・・・く~っ。
3回目は今年も夏。今度は、幹事が楽をする番だぁ~~!
といいだした我々おじさん幹事たちは、その後に参加した若手の幹事たちに役割を押しつけ、気楽に構えてます。
でも、いよいよ本番がちかづいてくると、おじさんたちもやっぱりあれこれ動きたがるのは、しょうがないかな。
そもそも、体調を考えてあまり無理な計画はたてるなよ。 といっていた我らの主治医も(これもいいかげんおじさんなのですが)、おー!こうなったら、登山しかないだろ。と張り切ってる始末だし。

会の名前は「むくの木」
今回のイベントから、この名称で開催します。
患者同士の家族参加型のイベントとして、ながく続けたいもの。

そろそろ病院では骨髄移植200例に近づいているとのこと。
次は、同窓会の第2回も予定しています。(といっても、やろう!ということだけ決まってて、中身はな~んにも考えてないけど)
仕事に疲れたときなど、こんなことをやってると、なんだか元気が湧いてきます。
フンッッ
よっしゃぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハートのダイヤモンド

吉井怜さんのブログを見て、読んでみたいな~と思ってました。
今日、2軒目の本屋のマンガコーナーで、店員さんに見つけてもらって、やっとのことで買って帰りました。
全3巻。「神様、何するの・・・」より、少しソフトな感じ。
先に小説を読んでいたので、絵に描かれていない部分を想像しながら、そして、この登場人物の姿とシンクロさせながら、読むことができました。

やっぱり、自分の時を思い出し、時々、ひとりでうなずいていました。
きびしい世界へ向かう、確固たる信念・夢が、闘病生活を支えてたんだ。と、素直に感じることができた本でした。

今日は、移植記念日。
平成12年12月12日。この日付は、主治医の気の利いた贈り物です。

彼は、何も言わないけれど、見るからに、こんなしゃれた事をしそうな顔つきをしてます。

この4年間で、骨髄移植をきっかけに仲間が増えました。ホームページづくりの練習のつもりで、ココログも始めました。
我が娘は、この本を2巻まで読んで、(ここでちょうど夕食タイムになってしまって、)続きを読みたくないなぁ。と言う感想。
でも、最後は直るよね?と、気になってしょうがないらしい。

夕食後、最終巻を読み終えたらしく、本はテーブルの上に、放り投げてありました。(いつもだけど、片づけろよ。)

感想は、あとで聞こう。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧